51年会商業科 32年前にタイムスリップ

時の流れを感じ思い出の学び舎で再会

2007.07.16

夏休みの始まる7月21日から取り壊される元商業科校舎にて7月16日、昭和51年商業科卒業生の最後のホームルームを行いました。28名が出席、3年時担任の恩師 大野春光先生と尾関勝征先生をお迎えし、教壇に立っていただき、滝学園の知られざる逸話、校舎纏わる思い出、卒業当時の印象などお聞かせを頂きました。皆それぞれに、こころに何かを刻むことができた40分間でした。

 この後記念撮影をし、新中学校舎に生まれ変わる思い出の校舎を後に給食(懇親)会場に移動、久しぶりの再会で話が盛り上がり予定の2時間はアッとの間に経過、次回再会を約束し散会をしました。

 最後に、お休みにもかかわらず、小島栄治先生には教室のご手配を頂き厚くお礼申し上げます。

尾関 昇宏